おすすめ胡蝶蘭

父の日に鉢植えの花を贈るなら、胡蝶蘭がおすすめ|胡蝶蘭のトリセツ

2021年の父の日は6月20日(日)です。

しかし、コロナ禍ということもあり、父の日は直接実家に帰れないという方も多いのではないでしょうか。

そんな時代だからこそ、いつもよりも豪華なお花でお父さんに日頃の感謝を伝えてみませんか。

「胡蝶蘭は大げさすぎる…」という人も、胡蝶蘭にはサイズが小さなミディ胡蝶蘭という種類があるのを知ってましたか

ミディ胡蝶蘭であれば大げさになりすぎずに喜んでもらえますよ。

 

今回は、父の日に胡蝶蘭がおすすめの理由とその送り方を解説していきます。

あなたの感謝の気持ちがしっかりとお父さんに伝わりますように。

 

父の日の花に胡蝶蘭がおすすめな理由

胡蝶蘭の花言葉が父の日にぴったり

お祝いの席などでよく見かける胡蝶蘭。

ですが、胡蝶蘭の花言葉を知っている人は少ないのではないでしょうか。

胡蝶蘭は色・サイズにかかわらず、以下の2つの花言葉を持っています。

胡蝶蘭の花言葉

幸福が飛んでくる

純粋な愛

 

1.「幸福が飛んでくる」

日本では昔から、蝶は縁起のいいものとして伝えられてきました。

胡蝶蘭はその名のとおり、蝶を連想させ、「蝶がひらひらと幸福を運んでくる」というイメージからこの花言葉が付けられました。

 

2.「純粋な愛」

西洋での花言葉である「Love(愛)」が由来となっています。

もともと花言葉自体が西洋文化ですので、胡蝶蘭以外にも西洋の花言葉を参考にしているものも多いようです。

胡蝶蘭の西洋の花言葉には、他にも以下のようなものがあります。

西洋での胡蝶蘭の花言葉

Beauty(美)

Luxury(高級、豪華)

Refinement(優雅、上品)

 

特に、「幸福が飛んでくる」という花言葉は父の日にピッタリです。

豪華な見た目と優しい花言葉。

これが父の日に胡蝶蘭がピッタリな理由です。

 

また、胡蝶蘭の面白いところは、色によって3,4つ目の花言葉が存在するということです。

例えばピンクの胡蝶蘭の花言葉は、上の2つに加え、「あなたを愛します」というのが追加されます。

 

色ごとの花言葉については ミディ胡蝶蘭の色ごとの花言葉 で詳しく解説していますので興味があれば読んでみてください!

 

胡蝶蘭を育てるのに手間がかからない

さらに、意外かもしれませんが、胡蝶蘭を育てるのにあまり手間がかかりません。

にもかかわらず、きれいな花を長い期間楽しめますので、父の日にうってつけのお花です。

 

水やりと肥料の頻度

水やりの頻度は、なんと1週間に1回程度で十分です。

さらに、冬場であれば2週間に1度ほどでOK

これが、手間がかからないと言われる理由です。

 

目安は土(樹木の皮のチップ)の表面が完全に乾いたときに水をあげるイメージです。

水のやりすぎは根が腐ってしまう原因になります。

水は極力頻度を少なくすることがポイントです!

 

また、肥料についても、液体のものを1週間に1度ほど与えるだけでOK。

冬は与える必要もありません。

 

これだけで一か月程度、花を楽しめます。

 

置く場所の注意点

置く場所のポイント

  • 直射日光を避ける
  • エアコンの風を直接当てない
  • 冬は10℃以上、夏は30℃以下を保つ

 

置く場所の注意点は上記3点です!

 

来年も花を咲かせるために

胡蝶蘭は、上手に育てれば翌年も花を咲かせることが出来ます。

 

花が咲き終わったら茎を2節残して切ったり、4~6月に植え替えをしたりすれば、より長くお花を楽しむことが出来ます

詳しくはコチラのサイトをご覧ください。

【胡蝶蘭 花が終わったら】花が散った後の育て方と二度咲きの方法

 

このように、手間がかからずに長い間お花を楽しむことが出来るので、父の日のプレゼントに最適なお花と言えます。

 

父の日におすすめの胡蝶蘭

胡蝶蘭は色やサイズの種類が豊富という特徴があります。

ほとんどの方が想像している胡蝶蘭は「大輪胡蝶蘭」という種類で、花が一番大きな胡蝶蘭です。

一方で、父の日や誕生日などに胡蝶蘭を贈る場合は、少し小さな「ミディ胡蝶蘭」もおすすめです。

今回は、おすすめのミディ胡蝶蘭を紹介していますが、「大輪胡蝶蘭を派手に贈りたい」という方は、HitoHanaというおすすめサイトで探してみてください。

 

アマビリス

アマビリスは、胡蝶蘭の原種です。

現在の最も一般的な大輪の白色胡蝶蘭は、野生のアマビリスのなかから、花が大きいものを次々交配させて生まれたものです。

アマビリスはいわば、始まりの胡蝶蘭です。

花径:7~8cm前後

美しく冴えた白色と、きれいなグリーンの葉が特徴。

HitoHana公式

 

ファーストラブ

ファーストラブは、花の中心のほんのりピンクなグラデーションが特徴。

サイズが小さく飾りやすいので、プレゼントはもちろん自宅の観賞用としても人気。

他のサイズの胡蝶蘭にはない、上品でセンスのある色合いが一番の魅力。

HitoHana公式

 

フォーチュンザルツマン


40年ほど前に誕生したグリーンイエローの胡蝶蘭。

フォーチュン(幸運)という名前のとおり、縁起の良さが魅力的。

花びらは厚く、花もちが良いのも特徴。

花径:7~8cm程度

グリーン系の黄色が可愛い胡蝶蘭です。

HitoHana公式

 

サーフソング

サーフソングは、ミディ胡蝶蘭ならではの珍しい色合いをもつ胡蝶蘭。

花びらが厚く、丸みのある形。

背丈も高すぎず、卓上で飾るのにもピッタリ。

花径:8~9cm程度

鮮明できれいなオレンジが魅力。

HitoHana公式

 

このように、胡蝶蘭には沢山の種類があります。

お父さんの好みな胡蝶蘭がきっと見つかると思いますよ。

 

父の日に胡蝶蘭を贈るには【初めてでも簡単】

父の日に胡蝶蘭の鉢植えを贈るためには、オンラインショップを使うのが便利です。

もちろん、お花屋さんで購入して贈ることもできますが、品ぞろえや新鮮さという面で通販には劣ります。

お花屋さんで購入して贈りたい方は「胡蝶蘭を自分で郵送する方法とおすすめ」で方法を紹介しています。

 

私のおすすめはオンラインショップを使うことです。

私も初めて胡蝶蘭を贈った時はどうしていいかわからない状態でしたが、オンラインショップのサポートで簡単に贈ることが出来ました。

特におすすめなショップはHitoHanaという通販サイトです。

そのほかにも初めて贈る方におすすめのオンラインショップを「本当におすすめできる胡蝶蘭の通販ランキング【初めての方必見】」で紹介していますのでよさそうなショップを探してみてください。

 

父の日のに胡蝶蘭の鉢植えをプレゼントしてみましょう!

直接会えないタイミングだからこそ、いつもよりもちょっと豪華なプレゼントがしたいですよね。

お父さんもきっと喜んでくれるに違いありません。

胡蝶蘭はサイズや色の種類が豊富なので、きっとお父さんが好きなものが見つかるはずです。

 

今回メインで紹介した「ミディ胡蝶蘭」について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

参考記事
ミディ胡蝶蘭の種類を色ごとに紹介|胡蝶蘭のトリセツ

続きを見る

-おすすめ胡蝶蘭
-, ,

© 2021 胡蝶蘭のトリセツ Powered by AFFINGER5